防災グッズリスト!最低限に必要なものとは?

東日本大震災以降、防災意識の高い人が増えています。
日本は地震、台風など自然災害が多い国ですから、
国や自治体だけに頼るのはリスクが高いです。

個人でも災害があった時、ライフラインが戻るまでに
必要な物を準備しておきたいものです。
今回は、防災グッズとして最低限必要なものを
リストに上げてみました。

<注目防災グッズ特集>

色んな便利な商品が増えていますね。
普段、食べなれている物を非常食として備えるという
考え方は、とても参考になります。

防災グッズリスト

災害が起こると、水・電気・ガスなど生活していくための
公共設備から供給されない可能性が高いです。
また、道路や鉄道など物資を運ぶ経路が寸断され、
食料や物資が届かなくなることも考えられます。

こういったインフラ設備をライフラインと呼びます。
だから、ライフラインが復旧するまでは、
各自で生活できるよう準備が必要です。

そして、事前に準備する人が少ないと、
買占めが起きて、パニック状態にも繋がるのです。

防災グッズ

飲み水

人が生きていくためには水が必要です。
2、3日、食べなくても何とかなりますが、
水を飲めなくなるとアウトです。

最低でも1人、1日当たり3Lと言われています。
災害の規模や住んでいる地域にもよりますが、
だいたい3日分は必要になります。

保存食

缶詰やレトルト食品など火を使わなくても
食べられる物を用意します。
缶切りも忘れずに。

保存期間に注意して、切れる前に普段の食事で
食べてしまいましょう。

⇒ ローリングストック法で備蓄食品の賞味期限切れを防ごう!

赤ちゃんがいれば、哺乳瓶や粉ミルク。

衣類

下着、防寒着、靴下
毛布、携帯カイロ、軍手、雨具
紙おむつ、生理用品

枕元に靴を置いておきましょう。
ガラスなどが割れた時など、素足だと危険です。

停電対策グッズ

防水タイプの懐中電灯、予備電池、ろうそく、防水マッチ

あると便利なのがヘッドライトです。
どうしても、懐中電灯は片手がふさがります。
その点、ヘッドライトは両手が使えるため、
災害時には、とても重宝します。

情報収集にはラジオは必須です。

貴重品

現金、印鑑、通帳、保険証券等
自動車免許や保険証のコピー

救急セット

持病がある人用の薬も忘れないでください。

あると便利な物

アウトドア用品

アウトドアグッズは、災害時に活躍します。

カセットコンロ、ボンベ、固形燃料
バーベキュー用品、食器セット、調味料、ナイフ
テント、寝袋、ランタン
ビニールバケツ、レジャーシート

布製ガムテープ、ラップ、ビニール袋、梱包用のヒモ
ティッシュペーパー、ウェットティッシュ、マスク
浄水器、ヘルメット、簡易トイレ

防災のプロ(防災士)が考えたという、
セットが人気あります。

防災の日(9月1日)だけでなく、
普段から防災の意識を持つことが重要ですね。
家族全員で災害があった時に、どうするのか?
ってことも話し合っておくことをオススメします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す