ラッピングのリボンの結び方でサプライズ演出!

ラッピングは誰かにプレゼントする時に重要なアイテムです。
もちろん、何をプレゼントにするかも大切ですが、
手渡した時に、目に飛び込んで来るのがラッピングです。

欧米ではプレゼントをもらった場合、その場でビリビリに
破いて開けるそうです。
海外在住の友人が初めて見たときは驚いたと言ってました。

その点、日本では丁寧に開ける人が多いです。
だからこそ、ラッピングにも、こだわりたいですよね。

と言っても、包み方や飾り付けには色々あります。
今回は、ラッピングでライバルに差を付けることができる
リボンの結び方を紹介します。

実際、プレゼントをする機会は1年の間に色々あります。
例えば、

  • バレンタイン・デー
  • ホワイト・デー
  • 母の日
  • 父の日
  • 誕生日
  • クリスマス
  • 結婚祝い
  • 出産祝い

プレゼントを渡すなら相手に喜んでもらいたいです。

ラッピングの方法は、
プレゼントの包み方 ラッピングの基本と特殊な方法
紹介しています。

ラッピングのリボンの結び方(動画)

まずは基本的な結び方であるリボンの十字掛けをしたあと、
蝶結びで形を整える方法です。

(ラッピングの基本・リボンの十字がけと蝶結び)

蝶結びの大きさを整えるのが難しいですけれど、
詳しく解説してあるから、分かりやすかったです。

次は、リボンを斜め掛けした後に蝶結びをする方法です。

(ラッピングの基本・リボンの斜めがけと蝶結び)

個人的には、こちらの斜め掛けの方が好きです。
もっと複雑かと思いましたが、動画だと分かりやすいですね。

デパートやお店など販売関係の仕事の経験が無いと、
ラッピングやリボンなんて、方法が分かりません。
だから、パパッと出来るようになるとカッコいいです。
友だちが困っている時に教えてあげると喜ばれます。

さらに、レベルが高い装飾リボンにループリボンがあります。

(ループリボンの作り方)

こんな風に作成していたんですね。
私は不器用なので、ループリボンは難しそうです。
手先に自信がある方は、ぜひチャレンジしてみてください!
きっと、喜ばれると思います。

マスキングテープでラッピング装飾する

私と同じで不器用な方にはマスキングテープで装飾する方法を
選んでみては、どうでしょうか。
キングジムの『こはる』を使うとマスキングテープに
文字や絵文字・記号をプリントできます。

これなら、他の人と違ったラッピングが楽しめますね。
また、ご祝儀袋やアルバム作りなど、違うことにも使えて
とっても、便利です。

大切な記念日や勝負時にプレゼントを贈る時には
ラッピングにひと工夫してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す