窓ふきは新聞紙でピカピカ、まさにエコお掃除!

窓ふき新聞紙を使うとピカピカになるって、知ってましたか?

以前は、ガラスクリーナーやマジックリンを窓ガラスに吹きかけて
古タオルで必死になって磨いていました。
かなり重労働だから、正直言って窓ふきは嫌でした。

そして、次にチャレンジしたのがスクイジーを使った窓拭きです。
たしかに古タオルを使った方法よりは楽になりました。
でも、プロの人のように上手に出来なかったです。
不器用だからなのかもしれませんけど・・・。

ところが、 新聞紙を使う方法 を知って変わりました。

【おばあちゃんの知恵袋】

<新聞紙を使った窓ふきの方法>

用意するものは、水の入ったバケツと新聞紙。
新聞紙を丸めてバケツの水を染み込ませた後、軽く絞ります。
ポイントはクシャクシャに丸めることです。
あとは、普通に窓ガラスの汚れを拭くだけです。

仕上げに乾いた新聞紙を使って磨き上げるだけです。
これで、驚くほど窓ガラスがピカピカになります。
とってもエコなお掃除方法です。

あまりにも頑固な汚れはガラス用洗剤で落としてから
同じ方法を取ってください。

大掃除日和というと、晴れた日を想像しがちですが、
窓ガラスを掃除するのは曇った日や雨上がりが最適です。
晴れていると、ガラスが反射して拭き残しが見にくいです。
また、乾燥していると汚れが落としにくい点も見逃せません。

どうして窓拭きに新聞紙を使うとピカピカになるのか?

新聞紙のインクにツヤを出す効果があるのと、
油分などを分解するからです。

この他に、浴室や洗面所の鏡を新聞紙で拭くことで
曇りにくくなるという効果もあります。

新聞紙って、読んだ後も役立つアイテムなんです。
ぜひ、窓ふきに新聞紙を使ってみてください。

えっ、猫の手を借りたいくらい忙しい?
たしかに、年末の大掃除は時間が足りないですよね。
こんな窓ふき猫がいたら・・・可愛いです。

傷がつくだけじゃんっていう、突っ込みは無しで!

<お掃除関連記事>
⇒ 排水溝の臭い対策には、身近なアレが役立ちます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す