結婚式の友人代表スピーチ!上手くやるコツは?

人前で話すことが苦手な人にとって、
できれば上手く逃げ続けたいのがスピーチです。

 

友人代表スピーチ

 

でも、仲の良い友人から結婚式で祝って欲しいと頼まれれば
さすがに、嫌とは言えません。
せっかく、自分を選んでくれたわけですからね。

また、喜んで引き受けることも相手にとっては嬉しいです。
ただ、役目を終えるまでは、緊張しっぱなしでしょうけど。

 

そんな人のために、結婚式の友人代表スピーチ
上手くやるコツを紹介します。

 

心構え

 

上手く、話す必要はありません。
それよりも、新郎新婦を心から祝う気持ちが大切です。

言葉に詰まったり、失敗したとしてもがこもっていれば
相手にも出席者にも伝わります。

 

そのためには、事前にスピーチの原稿を作ってください
長さは、だいたい2~3分ほどでOKです。
あまり長いスピーチは、聞くほうも疲れます。

 

あとは、当日の服装にも気をつけましょう。
何だかんだ言っても、人は見た目で判断します
特に初対面であれば、第一印象が重要です。

清潔感のある服装で、にこにこしながら落ち着いて
話すように練習しましょう。

 

スピーチ原稿の構成

 

結婚式

 

結婚式の友人代表スピーチは基本的なパターンがあります。

 

  1. 祝辞
  2. 自己紹介
  3. エピソード
  4. はなむけの言葉・結び

 

以上の4つで3分ほどのスピーチをまとめましょう。

 

祝辞・自己紹介

 

ここは定型文でOKです。

 

○○さん、△△さん、ご結婚おめでとうございます。

 

スピーチのベテランが好むような季節を取り入れたような
言葉は、特に必要ではありません。
シンプルにいきましょう。

 

さらに付け加えたい場合は、

 

ご両家のみなさまにも心よりお祝い申し上げます。
本日は、お招きいただき、ありがとうございます。

 

などがあります。

祝辞と最後のはなむけの言葉のパートは、
いくら仲の良い友人でも、ていねいな言葉を使ってください

 

同じように自己紹介も定型文で大丈夫です。

 

ただいま、ご紹介にあずかりました□□と申します。
○○くんとは、高校時代の友人です。

 

こんな感じで、自分の名前と新郎新婦との関係を言います。

 

エピソード

 

結婚のお祝い

 

結婚式のスピーチで定型文を使えないのは、この部分です。
祝福する相手に合ったエピソードを考えましょう。

あなたとの関係によって、エピソードが変わります。

 

学生時代の友人であれば、

  • 出会い
  • 学生時代の趣味や興味があったこと
  • 文化祭・体育祭・修学旅行など行事の思い出
  • クラブ活動

などから探しましょう。

 

仕事関連の友人なら

  • 出会い
  • 仕事ぶり
  • 研修や社員旅行など社内行事の思い出

などがあります。

 

以上の中から人柄をほめるようなストーリー展開
考えてみてください。

 

例えば、クラブ活動なら試合に出るために影で努力を
重ねるシーンを見たことを伝えます。

そして、結婚後の困難にも打ち勝ってくれるでしょう、
なんて感じでほめれば良いです。

 

また、自分や周りが元気がなかったり、落ち込んでいる時に
いつも明るく励ましてくれたことを伝えます。

ふたりで楽しい家庭が築けると信じています、なんて感じで
締めるのもアリです。

 

スピーチが苦手な人は失敗談暴露話は避けましょう。
笑えないような内容だと反感を買いますからね。

 

はなむけの言葉・むすび

 

披露宴出席

 

ここも定型文でOKです。

 

今日のしあわせが、いつまでも続くことをお祈りして
私からのお祝いの言葉とさせていただきます。

 

また、あなたにも家族があれば、

 

これからは、夫婦ともども家族ぐるみのお付き合いを
よろしくお願いいたします。

 

で締めるのも良いと思います。

 

スピーチは練習あるのみ

 

スピーチ原稿が出来たら、覚えるくらいまで練習します。
何度も何度も声に出して、読みましょう。

当日、自信を持ってスピーチするには練習しか無いです。
練習で達成感があれば、上手くいきます。

 

あとは、小さい紙にスピーチの内容を箇条書きでまとめた
メモを用意して出席しましょう。
練習中に上手くいかなかった部分を中心にまとめておけば、
いざという時にメモを見れば良いので安心です。

 

結婚式の友人代表スピーチを上手く行うためには
原稿と練習という事前準備がポイントになります。
大変だと思いますが、がんばってくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す