雛人形を飾る時期・仕舞う時期は?

雛人形(ひなにんぎょう)は雛祭りには欠かせません。
初孫の初節句ならば、なおのことですね。
元気で、幸せな人生を送れるように家族で祝いたいです。

(ひな人形の飾り方)

ひな人形を飾るのは、ひと仕事です。
動画は7段飾りですが、ひな壇を準備して雛人形を飾ってとなると
意外と時間が掛かります。
また、場所も取るので、最近は男雛、女雛だけの家庭も
増えています。

雛人形を飾る時期・仕舞う時期

ひな人形は約1ヶ月前の立春(2月4日)に準備します。
地方によっては、旧暦で飾るところもあります。
また、飾る日は大安友引が良いとされています。
仏滅は気にするか、しないか程度です。

また、『雨水』に飾ると良縁に恵まれてるとも言います。
雨水(うすい)は二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで
立春の次にあたります。
2013年は2月18日です。

ただし、早めに雛人形を飾ることは問題ありません。
初節句の時なんかは、なるべく長く飾りたいですからね。

雛人形は、すぐに片付けないと「お嫁に行けなくなる」と
俗説を、よく聞きます。
これは、だらだらと飾っていると『しつけ』の意味で
よくないからと言われています。

それよりも、ひな人形は湿気が苦手なので、
天気の良い日に仕舞いましょう。
高級な雛人形ほど、たくさんの絹を使っていて、
とても湿気に弱いです。

各地のビックリする雛人形の飾り方(雛祭り)

日本には、驚くような雛人形の飾り方をして
雛祭りを祝っている所があります。

鴻巣びっくりひな祭り

埼玉県鴻巣市の人形作りは伝統工芸として
約400年の歴史があります。
雛人形を日本一高いピラミッドひな壇に飾っています。

ピラミッドひな壇の全体像を見ると圧巻です。
ここまで雛人形を集めたものだと驚きました。
まさに日本一のびっくりひな祭りです。

また、後半には竹の中にひな人形が飾ってありますが
何だか竹取物語みたいで可愛かったです。

かつうらビッグひな祭り

もうひとつ、ユニークな雛祭りを紹介します。
こちらは、巨大なひな壇に雛人形が飾られています。
徳島県勝浦町、千葉県勝浦市、長野県須坂市にて
開催されるひな祭りです。

動画は千葉県勝浦市のビッグひな祭りです。
特に石階段に飾られている雛人形は素晴らしいですね。

見るのは大きな雛人形が良いけど、
家では可愛いものが似合いますね。
そんな方には、手作りはどうでしょうか?

娘さんと一緒に作ったり、プレゼントにも最適です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す