ノロウイルスの感染を予防するための注意点

ノロウイルスの集団感染や亡くなったニュースを
よく耳にするようになってきました。
あまり聞き慣れない感染症ですから、不安になりますよね。
そこで、ノロウイルスの感染を予防する注意点
紹介いたします。

ノロウイルスの感染経路・症状・治療法

ノロウイルスは口から入って発症することが多いです。
乾燥に強いウイルスなので、冬場に流行します。

  • 水や食べ物からの感染
  • 感染者の嘔吐物や便などに触れたり、飛沫感染

また、ノロウイルスは消毒薬に対して抵抗性があり、
とても厄介です。

症状は、嘔吐下痢を繰り返します。
また、発熱や吐き気を伴うこともあります。
そのため、脱水症状になりやすいので、
小さい子どもや高齢者は重症になることが多いです。

潜伏期間は、約1~2日間です。

今のところ、ノロウイルスに有効な抗ウイルス剤が無く、
対症的な治療しかありません。
だからこそ、感染しないように予防する必要があります。

下痢や腹痛になったからといって、下痢止めを飲むのは
かえって治りを遅くします。
必ず、医師の診断にしたがってください。

さらに、1度感染したからといって安心してはダメです。
何度も感染する恐れがあるので、油断しないでください。

ノロウイルスの感染予防の注意点

帰宅した時には、必ず流水で手洗いをする。
指の間もていねいに、洗ってください。
うがいも、しっかり行いましょう。

(正しい手洗い(流水と石けん))

生物は、できるだけ食べないようにする。
特に、外出先での生食は気をつけてください。
加熱することで、感染力は低下します。

洋式トイレは、ふたを閉めてから流すようにする。
感染している人の便などから勢いよく流れる水によって
空気中にウイルスが浮遊するからです。
それを防ぐためには、ふたを閉めることです。

感染者の嘔吐物などを掃除する時には
使い捨ての手袋とマスクを必ずしてください。
ビニール袋にいれて、すみやかに廃棄しましょう。

(カーペットに付着した嘔吐物の処理)

ノロウイルス感染対策としてマスク使い捨て手袋
準備しておきましょう。

ノロウイルス感染対策になるグッズを探す

いざという時に慌てないようにしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す