カイロの貼る場所で1番効果的なのは?【寒さ・冷え対策】

カイロと言えば、白金カイロを想像する人よりも、
使い捨てカイロの方が一般的になりました。
白元のホッカイロ、ぬくっこ、ロッテのホカロン、ダンダン、
快温くんなど、種類も豊富です。

サッカーやフィギュアスケートなど冬場のスポーツ観戦や
野外で長時間、過ごす時に、とても便利です。
また、カイロは暖房器具による喉や肌の乾燥を防ぐにも
たいへん重宝します。

お役立ちグッズでもあるカイロの貼る場所
1番効果的な部分を紹介します。

(全身ホッカイロで実験)

間違っても、動画のような実験は真似しないでくださいね。
1分過ぎに水を掛けられるまでは意外と温かそうですけど。

カイロの貼る場所・位置

『所さんの目がテン!』で、1枚の貼るタイプのカイロを
身体の、どの部分に付けると温かいのか実験しています。

  • 脇の下
  • 背中上部
  • お腹
  • 足裏

上記の場所に、それぞれカイロを貼っています。
使い捨てカイロは腰に付けていたので、腰かな?と
予想しましたが、実際には違いました。

サーモグラフィーで見ると違いがハッキリしていました。
また、実際に参加した人の実感も同じです。

カイロの貼る場所で1番、効果的なのは

お腹 』 と 『 足裏 』 でした。

お腹と足裏には多数の静脈があって、その部分に貼ることで
温められた血液が全身をめぐります。
その結果、身体がポカポカとするわけです。

熱中症の時には、脇の下を冷やすと良いと言われますが
温める場合は、意外と効果が無かったです。
まぁ、効果的と言われても歩きにくくて無理そうです。

使い捨てカイロは腹巻きで固定

足の裏に貼ると歩きにくそうなので、お腹が実用的です。
貼る位置は、丹田(へその下あたり)が、お勧めで、
直接貼らないよう(下着の上など)、気をつけてください。
なぜなら、低温やけどの恐れがあるからです。

貼らないタイプの使い捨てカイロなら腹巻きの間に
挟むって方法もあります。
リバーシブルな腹巻きもあって、オシャレに着こなせます。

また、エコ生活を目指す人には使い捨てカイロより、
何度も使える充電式カイロがあります。

パソコンのUSBから充電できるので会社でもチャージ可能です。
いざという時には携帯電話等の充電器にもなります。

カイロの貼る位置は、『お腹』にして寒さや冷えの
対策をしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す