骨盤低筋体操で産後の尿漏れ悩みを解消しよう!

産後の尿漏れに悩まされている女性に効果がある
骨盤低筋体操を紹介します。

産後の尿漏れ悩み

骨盤低筋(こつばんていきん)とは肛門・尿道・膣の
内側にあって、骨盤の中にある内蔵を支えている筋肉です。
とても重要な筋肉ですが、ゆるみやすいのが欠点です。
特にデスクワークの人や産後の女性はゆるみやすいのです。

そして、この骨盤低筋がゆるむと尿漏れを引き起こします。
ただし、筋肉ですからトレーニングによって回復するので
紹介する骨盤低筋体操で尿漏れの悩みを解消しましょう。

尿もれは産後の女性だけでなく、高齢になるにしたがって
男女問わず、起こる症状です。
以前、NHK「ためしてガッテン」でも特集されています。

骨盤低筋体操の方法【動画】

骨盤低筋(こつばんていきん)は外から見えない筋肉、
インナーマッスルになります。
筋力トレーニングのようにダンベルなど負荷を掛けないで
体操をするだけなので、安心してください。

動画の1分25秒あたりに骨盤低筋の位置がイラストで
解説してあります。

そして、1分45秒くらいから骨盤低筋体操が始ります。

  • 椅子に座る
  • 四つん這い
  • 仰向け
  • テーブルに手をついた立位
  • 壁にもたれた座位

以上、5パターンの鍛え方があります。

骨盤低筋体操のポイントは、

  • 余分な部分の力を抜くこと
  • 骨盤低筋を意識すること

骨盤低筋を鍛える時は筋トレと同じで、
鍛えようとしている筋肉を意識することが重要です。

イメージとしては、肛門なら大便やおならを我慢するように、
尿道なら小便を我慢する感じです。
この意識することが出来るかどうかで効果は変わりますので
少しずつで結構ですので、出来るようになりましょう。

骨盤低筋体操の効果

骨盤低筋体操は産後の尿漏れの悩みだけでなく、
女性に多い冷え性便秘の解消にも役立ちます。
他にも、下腹のでっぱり猫背の矯正にもつながります。

こんなに、たくさん良いことがありますので、
頑張る必要はありませんが、毎日の継続がカギです。
慣れてくれば、家事をしながらとか、テレビを見ながらなど
ながら運動ができますので、習慣にするだけです。

「きゅっ、きゅっ」と骨盤低筋を閉めて
楽しみながら行いましょうね。

他にも効果的なモノが無いかなと探してみると
フィットネス器具(キュッとひきしめ ヒップトレーナー)を
発見しました。

ユニークな形をしていますが、下半身の筋力を
引き締めるトレーニング器具です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す