睡眠中の口呼吸の治し方で喉の乾燥を守ろう

寝ている間に口呼吸をしている人は喉がカサカサしたり
炎症が治りにくかったりします。
さらに、口を開けて呼吸をすることで、空気中の細菌などが
身体の中に入りやすく、風邪なども引きやすくなります。

また、口呼吸を続けていると、口腔内が乾燥してしまうので
嫌な口臭の原因に繋がることがあります。
口で呼吸する人は、いびきもかきやすいと言われています。

他にも動画を見ると、いろんな万病のきっかけになります。
睡眠中の口呼吸鼻呼吸に変えて、喉や口の中を守りましょう。

睡眠中の口呼吸の治し方

口呼吸になる主な原因として鼻の病気があります。
蓄膿症鼻炎花粉症など鼻が詰まっている人は
どうしても鼻で呼吸がしにくいです。
まずは、耳鼻咽喉科へ行って専門医の下で治療してください。

次に寝る姿勢も重要です。
うつ伏せで寝ている人は胸が押さえられるため、
口で呼吸してしまうのです。

口呼吸を改善するには、鼻呼吸に変えることです。
ただし、口で呼吸する癖が付いてしまっているわけですから、
簡単に鼻で呼吸するようには変更できません。

そういう人のために鼻呼吸を身に付けるための
トレーニング器具「ブレストレーナー」があります。

ブレストレーナーを使うことで口を閉じた状態を保ち、
鼻呼吸をするトレーニングが出来ます。
また、口輪筋を鍛えることも可能です。

口輪筋(こうりんきん)とは、口の周りの筋肉のことで、
口を閉じたり、唇を突き出したりする時に使います。
この口輪筋の筋力が弱い人は、口が開き気味になるため、
どうしても、口呼吸になりがちです。

そのため、口輪筋を鍛えることは口呼吸の改善に
大いに役立ちます。

睡眠中の口呼吸、喉の乾燥対策

眠っている間の口呼吸を治すには、
地道なトレーニングが必要になってしまいます。
習慣になっていることを短期間で矯正することは、
やはり難しいですね。

そうは言っても、寝ている時に口で呼吸すると、
喉の乾燥が起きやすく、炎症が治りにくいのも嫌です。
トレーニングの継続も大切ですが、
今夜から口呼吸や喉の乾燥対策を可能にするモノがあります。

それが、シルクネックウォーマーです。

シルクネックウォーマーは口元までカバーできるので
喉の乾燥を防いでくれます。
肩から首まで、すっぽり覆ってくれるため、
寒さ対策・風邪予防もバッチリです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す