PM25対応マスクで中国の大気汚染から身を守ろう

中国の大気汚染日本にとっても深刻な問題です。
この大気汚染物質はPM2.5と微小粒子なので
普通のマスクでは防ぎきれません。

動画を見ると、まるで濃い霧がかかっているように見えるほど
大気が汚れているのが分かります。
この汚染された大気が日本まで飛んでくるかと思うと
ゾッとします。

毎年、日本に黄砂(こうさ)が降ってきています。
それから考えても、中国の大気汚染が日本まで
風に乗って飛んできても不思議なことでは無いです。

PM25対応マスクで有害物質から身を守る

大気汚染物質PM2.5の大きさは粒径2.5μm以下です。
この微小粒子を防ぐには、N規格のマスクが必要になります。

N規格とは米国労働安全衛生局が認定した規格です。
PM2.5対応マスクとしては、

  • N95:0.3μmの微粒子を95%以上カット
  • N99:0.3μmの微粒子を99%以上カット

があります。

在中国日本国大使館のサイトで確認すると、
外出する時は、N95マスクを着用することと書いてあります。

せっかくPM25対応のN95マスクを着用しても
間違った方法では意味がありません。
動画の通りに装着してくださいね。

有害物質PM2.5の恐怖

中国の大気汚染に入っていると言われるPM2.5は
非常に小さい粒子で粒径2.5μm以下です。
花粉症の原因になっているスギ花粉の大きさが
20~40μmですから、いかに小さいか分かります。

そのため、肺の奥深くまで入り込む可能性があります。
ぜんそく気管支炎、さらに肺がんなど
人体への影響が心配されています。

1番良い予防方法は、窓を閉めて家にいることです。
もしくは、極力、外出しないことになります。
しかし、現実的には会社や学校がありますから、
まったく外に出ないわけにはいきません。

そうすると、有害物質PM2.5を防ごうと思えば
PM25対応マスクを着用して防御するしかありません。

N95マスクを楽天で探す

自分の身は自分で守る、家族の身はあなたが守るしかないです。
花粉が飛ぶ時期は、例年のようにマスクが不足気味です。
手に入りにくくなる前に、対応を考える必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す