名古屋の梅まつり・梅の名所ガイド2013

名古屋市内の梅まつり・梅の名所を紹介します。
「梅は咲いたか、桜はまだかいな」じゃないですけど
桜まつりを楽しむ前に梅まつりを堪能しましょう。

愛知県内の情報は、
愛知の梅まつり・梅の名所ガイド2013

名古屋市農業センター・しだれ梅まつり

名古屋市農業センター(名古屋市天白区天白町平針黒石2872-3)

しだれ梅まつりは平成25年2月23日(土)~3月17日(日)
開園は午前9時~午後4時30分で期間中の休みはありません。

名古屋市農業センターのしだれ梅園は国内でも有数の規模で
梅園内には、約700本が育てられています。
12種のしだれ梅が開花すると、見ごたえがあります。
また、梅の香りに春の到来を感じることが出来ます。

動画を観てもらうと分かりますが、
垂れ下がった枝に梅の花が咲き誇り、素晴らしい眺めです。
そして、色もピンク・赤・白などあって、楽しめます。

さらに、しだれ梅まつりは梅の花を楽しむだけでなく、
色んなイベントが開催されます。
芝生広場があるので、お弁当持参で、ゆっくりできます。

そのまま食べられるのりカップを使えば、
ゴミを出さないから、片付けもいらなくて便利ですね。

<青空市>

毎日、新鮮な野菜や食材を直売しています。
売れ切れることも多いので、早めに行かれた方が良いです。

<小動物とのふれあいコーナー>

名古屋コーチンのヒヨコやモルモットと触れ合えるので
お子様連れにも人気があります。
日曜日に開催しています。

<殿様コロッケ&殿コロバーガー>

名古屋コーチンを使った殿様コロッケは毎日販売、
殿コロバーガーは土日販売予定です。
これまた、売り切れたら終了です。

しだれ梅まつり開催期間中は周辺道路が混雑します。
特に土日や天気が良い日は大渋滞が予想されます。
なお、普段は無料駐車場ですがしだれ梅まつり期間中は
普通車1回500円と有料になります。

できれば、公共交通機関を使いたいところですが、
地下鉄平針駅から徒歩20分くらいあります。
天気が良ければ、散歩だと思って歩けそうです。

(名古屋市農業センター周辺地図)


大きな地図で見る

名古屋城の梅まつり・梅の名所

名古屋城(名古屋市中区本丸1-1)

名古屋城内には梅林が2ヶ所あります。
品種は長束月影など約10種類、合計約100本ほどです。
色は白、紅、淡紅の梅の花が咲き誇ります。

(名古屋城周辺地図)


大きな地図で見る

名古屋城は、地下鉄名城線「市役所駅」の7番出口から
徒歩で約5分でいけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す