殺人ダニからSFTSウイルスに感染した時の症状・治療法

ダニを媒介してウイルス感染した人が亡くなったという
ニュースを聞くようになりました。
ダニと聞くと痒くなるだけかと思っていたら
死に至るわけですから、殺人ダニと呼ばれても仕方ないです。

このダニを媒介して感染した疾患のことをSFTS
(重症熱性血小板減少症候群)と呼びます。
このSFTSは2011年に中国で名前が付けられた
新しい感染症です。

2009年以降、中国では7つの省で確認されています。

SFTSウイルスに感染した時の症状(殺人ダニ)

現状では山などに棲むマダニの一種にかまれると
SFTSウイルスに感染すると見られています。

愛媛県や宮崎県で亡くなられた人は、
海外に行った形跡は無いため、国内で感染したようです。
つまり、SFTSウイルスは国内にも存在するってことです。

SFTS感染時の主な症状

  • 発熱
  • 嘔吐
  • 腹痛・下痢・下血
  • 食欲が無くなる

また、血液検査をすると血小板や白血球が減少しているのが
わかります。

マダニが人を咬むと皮膚にくっ付いて、数日間、吸血します。
もし、マダニに咬まれているのを発見した時は
できるだけ病院に行って、処置してもらいましょう。

SFTSウイルスに感染した時の治療法(殺人ダニ)

恐ろしいことに、万が一、SFTSに感染した場合、
まだ有効な治療法・ワクチンが無いということです。
致死率は10%を上回ると言われていますから、
早く、治療法を見つけてもらいたいです。

妻夫木聡・檀れい出演で話題になった映画『感染列島』でも
新種のウイルスによる感染の恐怖を描いていました。
ウイルスは目に見えないので、感染源を特定することが
とても難しいです。

また、そのウイルスに効果がある治療法が
すぐに見つからないことにも恐怖を感じます。

今のところ、救いは家の中にいるダニでは無いことです。
布団や畳・じゅうたんなどに生息するダニとは種類が違い、
このマダニは山や草むらにいるタイプです。

だから、予防対策を取るしかないです。
ちょうど、山に行きたくなる春から秋にマダニの活動は
活発になります。

暑いからと半袖、半ズボンで山に行く人もいますが、
マダニを含めて身を守れません。
山に行く時や草むらや藪で作業をする時には
長袖、長ズボンを着て露出部分を少なくしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す