冷え性を改善するエクササイズ【足編】

冷え性を改善する方法には、外から身体を温める方法と
内側から熱を出して温める方法があります。
今回は、手軽に出来るエクササイズを習慣にすることで
身体の中から熱を発する方法を紹介します。

足の冷え性で悩んでいる方は多いですが、
実は足にこそ冷えを解消する重要なポイントがあります。
そのポイントとは、

ふくらはぎ

です。

ふくらはぎエクササイズ

 

冷え性を改善しようと考えるなら、
ふくらはぎの筋肉を動かすことと鍛えることです。

冷え性を改善するふくらはぎエクササイズ

仕事で立ちっぱなしや座りっぱなしの姿勢で長くいると
血液の流れが悪くなります。
その結果、体の冷えに繋がります。
いつでも気軽に出来る、ふくらはぎエクササイズで
筋肉を動かし、鍛えていきましょう。

 

 

動画のように机などに手を置いて、身体を安定させます。
あとは頭のてっぺんから垂直に上に上げるように
ゆっくりとかかとを上げたり、下げたりします。

このエクササイズなら仕事の合間にも出来ますし、
家事や歯磨きなど日曜生活にも取り込めます。

次は、手足ぶらぶら体操(毛管運動)です。


 

これは、ゴキブリ体操とも言われるエクササイズです。
行っている様子がゴキブリに似ていると言えば似てます。
だから、人前では、ちょっと恥ずかしいかもしれませんが
朝、起きた時や家でくつろいでいる時などに行いましょう。

やり方は、動画の1分過ぎくらいを見てください。
ポイントは手足の力を出来るだけ抜くことです

最後は、お風呂に入っている時にできるエクササイズです。
入浴中に、つま先を上げたり、伸ばしたりすることで
ふくらはぎの筋肉を動かします。

また、足指を動かすことも効果的です。
両足の指を開いたり、閉じたりすることで筋肉を動かします。
じゃんけんのグーパーを繰り返すイメージを
足で行うエクササイズです。

自然と爪先立ちができるスリッパを使う方法もあります。

このスリッパなら履くだけですね。

ふくらはぎエクササイズで冷え性が改善される理由

身体の内側から熱を出すには血液の流れをスムーズにして
活性化させることです。
心臓だけで血行を良くしようとすると、有酸素運動などで
心拍数を上げる必要があります。

心臓以外にも血液の流れを促進する働きをするのが
今回のポイントである、ふくらはぎです。
足は『第2の心臓』と呼ばれることがありますが、
そのポンプの役割をするのが、特にふくらはぎです。

ふくらはぎエクササイズを習慣にすることで血行がよくなり、
冷え性が改善されることに繋がります。
また、むくみ解消新陳代謝も高まります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す