サラリーマン川柳2013 第26回のベスト10首は?

サラリーマン川柳2013の時期がやってきました。
応募総数30,490句の中から優秀作100選が発表されました。
傑作100選から、ベスト10首が選ばれます。
投票期間は2月19日(火)から3月19日(火)までです。

 

サラリーマン川柳2013 第26回の傾向は?

サラリーマン川柳は第一生命が1987年から始めた企画です。
川柳の内容はサラリーマンの悲哀を中心に流行語などを
織り交ぜながら読んだものが多く応募されてます。

時代が反映されているので、ユーモアを感じることもあるけど
中には、キツイ内容、ブラックユーモアな川柳もあります。

サラ川(さらせん)2013で目に付いたのは、
Facebookの『いいね!』を読んだ句があったことです。

オヤジギャクにいいね!ボタンを押して反応するのは
中高年くらいでしょう。

「辞めてやる!」ってFacebookに書き込んで、
会社にいいね!ボタンを押されたら、凹みますよ。

まぁ、これだけFacebookやTwitterなどSNSが浸透して
色んな世代の人が参加しているのが分かります。
あと、娘に友達申請する父親もどうかなと思います。

他にもIT関連は色々なサラ川がありました。
話し相手がスマホのコンシェルジェタブレットでは
悲しすぎます。

お掃除ロボット『ルンバ』も登場しています。
奥さんにルンバ扱いされている旦那の悲哀が強烈です。
また『LED』もあって、市民権を得た印象です。
ノーベル賞関連で、『iPS』作品もありました。

芸能人ネタはスギちゃんの『ワイルド』ネタやAKB48
『じゃんけん」『センター』『フライングゲット』があります。
きゃりーぱみゅぱみゅ』という名前そのものもありました。

ツケマツゲは、たまに落ちているのを見るけど、
ギョッとすることありますからムカデと間違えるのも
分かるような気がします。

奥さんへの逆襲ネタは体型ネタが目立ちます。
『ゆるキャラ』『体重計』のサラ川がありました。

サラリーマン川柳歴代1位作品

こちらの動画でサラリーマン川柳第4回から24回の
歴代1位作品をお楽しみください。

 

 

その年の話題になったことが入っていて、
とても興味深い作品が多いですね。

ストレスを溜めすぎている感じがするサラ川ですが、
上手にストレス発散したいものです。
スカッとした方がストレス発散できるイメージですが、
逆に思い切って泣くのも良いと言われています。

ラストシーンが泣ける『アルマゲドン』なんて、
個人的にはオススメです。

エアロスミスが歌うアルマゲドンのテーマソング、
「ミス・ア・シング(I DON’T WANT TO MISS A THING)」が
流れてくると、ジーンときますね。

ヒロインのリヴ・タイラーの父親・スティーヴン・タイラーが
歌っているのも映画のテーマと合っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す