名古屋ウィメンズマラソン2013招待選手&注目選手(加藤麻美に期待)

名古屋ウィメンズマラソン2013招待選手が発表され、
開催日の3月10日に向けて盛り上がってきました。
昨年から名古屋国際女子マラソンと名古屋シティマラソンを
一緒にする形で始った大会です。

2014年の情報
⇒ 名古屋ウィメンズマラソン2014のエントリー申し込み方法

<名古屋ウィメンズマラソン2012のスタートシーン>

名古屋ウィメンズマラソン2013招待選手

国内からは下記の11選手が選ばれました。

国内招待選手
名 前(所属) 自己最高記録(時・分・秒)
野口みずき(シスメックス) 2・19・12
重友梨佐(天満屋) 2・23・23
大久保絵里(セカンドウィンドAC) 2・26・08
宮内洋子(京セラ) 2・26・23
木崎良子(ダイハツ) 2・26・32
永尾 薫(ユニバーサルエンターT) 2・26・58
早川英里(TOTO) 2・28・11
鈴木澄子(ホクレン) 2・29・25
堀江美里(ノーリツ) 2・31・39
斎藤梓乃(しまむら) 1・10・51★
小倉久美(四国電力) 1・10・51★

※★印はハーフマラソンの記録です。

名古屋ウィメンズマラソン2013は8月にモスクワで開催される
世界選手権女子マラソンの代表選考が掛かっています。
他には横浜国際、大阪国際で2時間23分59秒以内で走った
選手から日本代表を選びます。

他に海外で開かれる5マラソン大会も含みます。
4月21日開催のロンドンを終えてから日本陸運が
世界選手権の女子代表選手を決定します。

海外からは下記の9選手が招待されています。

海外招待選手
名 前(国) 自己最高記録(時・分・秒)
ジョージナ・ロノ(ケニア) 2・21・39
エレナ・プロコプツカ(ラトビア) 2・22・56
マーガレット・アガイ(ケニア) 2・24・17
ゲネト・ゲタネ(エチオピア) 2・25・38
ユリア・ルバン(ウクライナ) 2・27・10
ウェルクネッシュ・キダネ(エチオピア) 2・27・15
ベルハネ・ディババ(エチオピア) 2・29・22
ニコル・チャップル(オーストラリア) 1・08・37★
メスタウェット・トゥファ(エチオピア) 1・08・48★

※★印はハーフマラソンの記録です。

名古屋ウィメンズマラソン2013注目選手

まずは国内選手を見てみると五輪経験者
野口みずき重友梨佐木崎良子の3人がいます。
ちなみに名古屋ウィメンズマラソン2012の優勝者は
アルビナ・マヨロワ選手で2時間23分52秒です。

<名古屋ウィメンズマラソン2012のゴールシーン>

 

実績だけを見れば野口選手に期待したいところです。
ただし、1月の大阪国際では走らなかったので
どこまで体調を取り戻しているかがカギでしょうね。
昨年は6位でしたから、今大会で復活が見たいです。

他には重友選手に期待しています。
年齢が25歳と若く、自己最高記録も野口選手に次ですし
名古屋ウィメンズマラソンで自己記録更新してもらいたい。

高橋尚子選手の指導者として有名な小出義雄監督が
指導している永尾薫選手も注目選手のひとりです。

あとは一般参加ですが、地元・豊川高校出身の
加藤麻美選手(パナソニック)の活躍が楽しみです。
今大会が初マラソンですが、22歳の若さを爆発させて
名古屋ウィメンズマラソンを盛り上げてもらいたいです。

海外招待選手は自己最高記録から見ても
ジョージナ・ロナ、エレナ・プロコプツカ両選手が
引っ張って行きそうです。

もし、生観戦されるなら双眼鏡があると便利ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す