プレゼントの包み方 ラッピングの基本と特殊な方法

プレゼントを買ったお店でラッピングしてもらえば、
簡単に、しかも綺麗に包んでくれます。
でも、自分で選んだプレゼントですから包むところまで
やってみたい人のためにプレゼントの包み方を紹介します。

中身も大切ですが、もらった瞬間に目がいくのは、
やっぱりラッピングです。
パッと見て、「可愛い」とか「素敵っ!」って言われると
贈った側も嬉しくなります。

プレゼントの包み方の基本(ななめ包み・合わせ包み)

まずは、デパートや百貨店で見かける包み方である
ななめ包みの方法です。
デパート包みとも呼ばれています。

ななめ包みは、少し練習が必要かなと思います。
ポイントは角の部分で丁寧に行うことです。

働いたことがないので想像ですけど・・・
就職やアルバイトでデパートで働き始める時には
この斜め包みは練習しているはずです。

次に、合わせ包みの方法です。
またの名をキャラメル包みと呼びます。

合わせ包みは、ななめ包みよりも包装紙が少なくすみますし、
こちらの方が難易度は低いです。
動画のように大きさを計ることで、合わせた部分が
とても綺麗に仕上がるラッピングになります。

両面テープを使うと、より美しくなります。
ちょっとした知恵ですが、見栄えが変わります。

プレゼントの包み方の特殊な方法

プレゼントの箱が丸い場合は包み方が難しいです。
そういう時のラッピング方法があります。

ポイントはタックを寄せる時に丁寧に行うことです。

箱に入れずにキャンディーのような小物を包む方法です。
ラッピングしだいで、とてもオシャレなプレゼントになります。

手作りチョコやクッキーなどにも応用できます。

次は仕上がりが特徴的な、おひねり包みです。
まさに、おひねりしたみたいでプレゼントでもらうと、
何だか面白そうな包み方です。

このキャンディ包みも上部が特徴的な包み方です。

ワンポイントのリボンの色や柄などで違いが出せます。

今度は、薄く平たいものに向いている包み方で
たとう包みと呼ばれている方法です。

プレゼントの形によって、色んな包み方があるので、
色々と試してラッピングを楽しみましょう。
選ぶ包装紙の柄にも個性が出ます。
楽天のショップで下記のような包装紙を見つけました。

花柄

動物

アメリカン?

など、包装紙には色んな絵柄があります。
他にも色々ありましたよ。

あとは、リボンやシールなど装飾をアレンジするだけで
印象が変わります。

リボンの結び方については、
ラッピングのリボンの結び方でサプライズ演出!
紹介しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す