年明けうどんの由来、誕生のきっかけは?

年明けうどん(としあけうどん)って聞くようになりましたよね。
まだまだ、年末に食べる習慣がある年越しそばほどではないけど
年々、年明けうどんも定着している気がします。
そばよりもうどん派の人にとっては嬉しい傾向です。

年明けうどんの由来

年明けうどんは、さぬきうどん振興協議会が提唱しています。
うどんの食文化を広めるために作られたものです。
単純に年越しそばがあるなら、年明けうどんがあったって良い
って感じで始りました。

2年目からはコンビニにも協力してもらって普及活動をしています。
讃岐うどん稲庭うどん五島うどんなど特徴のあるうどんが
日本各地にあります。
年越しそばに負けないくらい認知度が上がっても良さそうです。

年明けに縁起を担ぐと言う意味では元旦から1月15日までに食べ、
紅いトッピングを加えることで紅白のめでたいうどんになります。
かまぼこやにんじん、梅干、海老などが紅い具財の代表です。
たしかに白いうどんに紅いトッピングって縁起良さそうです。

(法然時竜雲うどん)

香川県高松市仏生山町にある法然寺では境内で讃岐うどんを
食べることができます。
ここの年明けうどんは紅いうどんが乗っていて美味しそうです。
縁起の良さげな竜雲うどん、食べてみたいです。

手軽に日清のどん兵衛年明けうどん

とは言え、気軽に本格讃岐うどんを食べに香川まで行けないから
やっぱり、カップ麺のお世話になる人も多いでしょう。
日清のどん兵衛年明けうどんは2009年から発売されています。
今回は大粒の梅干しと寿かまぼこのトッピングです。

日清食品には、ごんぶと年明けうどんもあります。
めでタイ具財ということで鯛入りつみれ、寿かまぼこなどが入って
とても華やかで正月にはピッタリです。

自宅で手軽に年明けうどん(としあけうどん)を食べるなら
カップ麺が1番ですね。
さらに楽天市場で買えば自宅に届いて楽々です。

日清どん兵衛年明けうどん&ごんぶと年明けうどん

個人的には味噌煮込みうどん好きなので、紅いかまぼこを入れて
年明け味噌煮込みうどんが食べたい♪
八丁味噌は赤みそなので、これまた紅つながりでグッドです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す