UVカットパーカー&マスクで紫外線対策2013

紫外線が身体に悪影響が出ることは当たり前の話になりました。
でも、まだまだ真夏(8月)をメインに紫外線対策を
している人が多いです。

実際には12月、1月は少なくて、徐々に紫外線量が増え、
6月くらいから急激に多くなっています。
桜が咲く頃に花見がてら外出が増えてきますから、
4月くらいから紫外線対策をしていきましょう。

<紫外線とは?【動画】>

紫外線に当たりすぎるとシミやシワだけでなく、
皮膚がん白内障の可能性が高くなります。
美容以外でも紫外線対策は必須ですね。

紫外線が強くなる時間帯は午前10頃から午後2時頃です。
この時間帯は、できるだけ、買い物など外出は
控えることも重要です。

晴れた日だけでなく、実はうす曇りの時も注意が必要です。
日陰では紫外線が50%カットできるので、
可能であれば、日陰を歩きましょう。

日焼け後のアフターケアも重要ですが、
予防として紫外線対策をすると、より効果的です。

UVカットパーカーで紫外線対策

UVカットパーカーの特徴であるフードがあるために、
必要に応じてかぶれば、首筋や髪の毛を紫外線から
守ることができます。
帽子が苦手な人や忘れてしまった時でも安心です。

また、薄手のUVカットパーカーならかさばらないから
持ち運びにも便利です。
だから、夏場にエアコンが効きすぎて冷えそうな時にも
UVカットパーカーを羽織れば、冷房対策にもなります。

海や山などのレジャーでも活躍します。
水着素材で作られたUVカットパーカー(ラッシュガード)
あるので、用途に合わせて選べます。

海やプールから出た時の冷え対策にもなります。

UVカットマスクで紫外線対策

自転車やアウトドアが好きな人にはUVカットマスク
紫外線をカットしてくれます。
顔に紫外線が当たりすぎると年を重ねた時に
シミやシワの原因になります。

化粧や日焼け止めクリームを塗るだけでなく、
紫外線が強い時にはUVカットマスクが活躍します。

UVカットパーカーもUVカットマスクも『母の日』の
プレゼントにも最適ですね。
5月といえば、ちょうど紫外線対策を強化する時期ですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す