2013となみチューリップフェア前売り券・アクセスガイド【GW情報】

2013となみチューリップフェアが今年も開催されます。
期間は4月23日(火曜日)~5月6日(振替休日)です。
ゴールデンウイークに出かける際の情報として紹介します。

1分すぎくらいに五連水車とチューリップの様子があります。
なんともいえない、癒しの空間です。
ひょうたん池に浮かぶ水上花壇も素敵です。

富山県は新潟県とならび、国内有数のチューリップ栽培地です。
球根の生産は、富山と新潟で国内シェアのほとんどを占めます。
また、富山とチューリップフェアの開催地・砺波市は
それぞれ、チューリップが県花、市花に指定されています。

チューリップと言えば、オランダのイメージがありますが、
国花と指定されているのは、他にもトルコ・ベルギーなどです。
砺波市はオランダのリッセ市と友好都市提携しています。

2013となみチューリップフェアの前売り券

2013となみチューリップフェアの入場料金は、

大人(高校生以上):1,000円
小人(小中学生) : 300円
こどもの日は小人は入場無料です。

前売り券は2月1日から販売されており、100円引きです。
行く人数にもよりますが、お得感はないですね。

2013となみチューリップフェアのアクセス

場所は砺波チューリップ公園で開催されます。
(富山県砺波市花園町)
有料駐車場が3,600台分あります。
また、JR砺波駅から無料シャトルバスも運行します。

<砺波チューリップ公園の周辺地図>


大きな地図で見る

会場では、最大500品種、約100万本ものチューリップが
咲き乱れています。
期間中は、色んなイベントもあります。
4月26日には、ゆるキャラが集合するイベントがあります。

他にも色んな体験コーナーがあります。

  • ペットボトルを利用したエコバッグ作り(5月4、5日)
  • チューリップの花かご作り(期間中開催)
  • チューリップの花びら染めハンカチ作り(4月28、5月3,4,5,6)
  • 押し花のしおり作り(期間中開催)
  • チューリップの絵葉書フレーム作り(期間中開催)
  • 親子で楽しむビーズアート(期間中開催)
  • チューリップのインテリア小物作り(期間中開催)

また、すぐそばにあるチューリップ四季彩館では一年中、
チューリップを楽しむことができる施設です。

2013となみチューリップフェアを宿泊して楽しむ場合は、
庄川温泉郷があります。
チューリップを見ながら散策した疲れを癒すには
温泉が気持ちいいですよね。

<庄川温泉郷の周辺地図>


大きな地図で見る

じゃらんで庄川温泉郷の宿を予約

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す