ドライマウスの症状と原因、治し方および対策

ドライマウスとは、簡潔にいうと口が渇く病気です。
日本語にするとわかりやすいですが、『口腔乾燥症
(こうくうかんそうしょう)』と呼ばれています。

<歯科医によるドライマウス解説動画>

 

動画内でドライマウスのセルフチェック方法があります。
日本では予備軍を含めると3,000万人います。

ドライマウスの症状

ドライマウスは口が渇く、すなわち唾液の分泌量
通常よりも少なくなってしまいます。
だから、症状としては

  • 口の中が乾燥する
  • 口の中が粘つく(ネバネバする)
  • 食べ物の味がわからなくなる
  • 口臭がひどくなる
  • 口の中が乾燥するため痛む

そのため、ドライマウスによって色んな病気にかかる
危険性が高まります。
例えば、

  • 感染症
  • 歯周病
  • 虫歯
  • 胃炎

普段の生活をしていると気にも留めていない唾液ですが
とても重要なことが身に染みるようになります。

ドライマウスの原因

ドライマウスを引き起こす唾液の分泌量が低下する原因として

  • ストレス
  • 薬の副作用
  • 糖尿病など、他の病気
  • シェーグレン症候群

現代では、特にストレスの影響が大きいです。
唾液の分泌は自律神経で調節されていますから、
過度のストレスがあることで、バランスが崩れます。
そのことによって、唾液の分泌が低下していまうのです。

ドライマウスの治し方

ドライマウスの治療法は原因によって違います。
例えば、糖尿病など他の病気が原因であれば、
その病気を治さないことにはドライマウスも改善しません。

また、ストレスが原因の場合は、対症療法になります。
つまり、根本的な治し方ではなく、唾液の分泌の替わりに
保湿ジェル人口唾液をスプレーするなどの方法を取ります。

ドライマウスの対策

ドライマウスにならないようにするためには
唾液の分泌を促すように普段から対策を取ることが大切です。
日常生活で出来る色んな方法を紹介します。

  • 楽しく会話する
  • 食事の時は、よく噛む
  • ガムや飴で唾液を促す
  • タバコは吸わない
  • 適度な運動をする

また、唾液の分泌を促すトレーニングとして、
表情筋エクササイズも効果があります。

 

あくまでも対策ですから、即効性は望めません。
すぐにでも、口腔内の潤いが欲しい方は保湿ジェルで
補う方法があります。

バイオティーンオーラルバランスリキッドは口の中に
潤いを与えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す