日本アカデミー賞2013最優秀受賞作品の予告編集【第36回】

第36回日本アカデミー賞の授賞式がおこなわれました。
優秀作品賞・優秀監督賞・優秀編集賞の3部門で
桐島、部活やめるってよ」が最優秀作品に選ばれました。

最優秀作品賞「桐島、部活やめるってよ」

<【動画】桐島、部活やめるってよ 予告編>

吉田大八監督は、優秀監督賞にも選ばれました。
また、原作者の朝井リョウ氏は第148回直木賞
「何者」で受賞しています。

今作品「桐島、部活やめるってよ」はデビュー作で、
第22回小説すばる新人賞を受賞しています。

最優秀主演男優賞「テルマエ・ロマエ」阿部寛

<【動画】テルマエ・ロマエ 予告編>

映画「テルマエ・ロマエ」は月刊誌『コミックブーム』で
連載されたヤマザキマリさんの漫画作品が原作です。
2012年にはアニメ作品にもなっています。

映画では濃い顔代表として阿部寛さんが主演しました。
阿部さんは今回が初めての最優秀主演男優賞受賞です。
初めてがローマ人役だったので、次は日本人役で受賞したいと
コメントしたことには、思わず噴き出しそうになりました。

でも、何といってもローマ皇帝ハドリアヌス役の
市村正親さんの演技は圧巻です。
まさに、ハマり役と思いました。

最優秀主演女優賞「わが母の記」樹木希林

<【動画】わが母の記 予告編>

映画「わが母の記」(わがははのき)は井上靖さんの
自伝的小説が原作です。

最優秀助演男優賞「あなたへ」大滝秀治

<【動画】あなたへ 予告編>

映画「あなたへ」は6年ぶりに高倉健さん主演として
出演されると話題になりました。
その中で、存在感を示した大滝秀治さんが
最優秀助演男優賞に選ばれたのはうれしかったですね。

大滝さんと言えば、キンチョールのCMが印象的です。
「お前の話はつまらん」は最高でした。

また、「あなたへ」からは余貴美子さんが
最優秀助演女優賞に選出されています。
余さんは、「おくりびと」「ディア・ドクター」で
2年連続で最優秀助演女優賞に選ばれています。
今回で3回目、素晴らしいですね。

最優秀アニメーション作品賞「おおかみこどもの雨と雪」

<【動画】おおかみこどもの雨と雪 予告編>

「おおかみこどもの雨と雪」は「時をかける少女」や
サマーウォーズ」の細田守監督の作品です。
声優には、宮崎あおいさんや大沢たかおさんが出演。

最優秀外国作品賞「最強のふたり」

<【動画】最強のふたり 予告編>

映画「最強のふたり」はフランス映画で実話を元にして
制作された作品です。
第24回東京国際映画祭では東京サクラグランプリと
最優秀男優賞に選ばれています。

「北のカナリアたち」「のぼうの城」

<【動画】北のカナリアたち 予告編>

色んな部門でノミネートされていた映画「北のカナリアたち」は
最優秀音楽賞(川井郁子)・最優秀撮影賞(木村大作)・
最優秀照明賞(杉本崇)に選ばれる結果に終わりました。
主演の吉永小百合さん、残念でした。

<【動画】のぼうの城 予告編>

映画「のぼうの城」にも期待していましたが、
結局、最優秀美術賞(磯田典宏・近藤成之)に選ばれました。

話題賞(俳優部門)大島優子「闇金ウシジマくん」

<【動画】闇金ウシジマくん予告編>

映画「闇金ウシジマくん」は『ビッグコミックスピリッツ』
で連載された真鍋昌平氏の漫画作品が原作です。
元AKB48の大島優子さんが話題賞を獲得しています。

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す