熊野三山めぐりの順番とパワースポット【わかやま姫旅】

熊野三山(くまのさんざん)とは、和歌山県にある

  • 熊野本宮大社
  • 熊野速玉大社
  • 熊野那智大社

の3つの神社を総じて呼びます。

<熊野三山めぐり>

熊野三山を参拝する基本的な順番は

熊野本宮大社 → 熊野速玉大社 → 熊野那智大社

となっています。
古くから参拝場所として人気がありますが、
近年ではパワースポットとしても注目されています。

熊野三山めぐりは、交通の便がよくありませんので、
観光バスツアーや車(レンタカー)で回るのがオススメです。

熊野本宮大社

熊野本宮大社は他と違って檜皮茸で出来ており、
華やかさよりも、荘厳なイメージがある社殿です。

熊野本宮本社1889年までは熊野川の中洲にありました。
パワースポットとして人気があるのは、昔あった場所の方で
大斎原(おおゆのはら)と呼ばれています。

サッカーファンにはお馴染みの八咫烏(やたがらす)ですが、
熊野三山(くまのさんざん)では神の使いとされています。
ここ、熊野本宮本社では境内に八咫烏がいらっしゃいます。
黒い八咫烏ポスト(郵便ポスト)もあります。

熊野速玉大社

動画の通り、熊野速玉大社は朱塗りの社殿です。
夫婦神が祀られ、縁結びの神様として有名です。
境内には国の天然記念物に指定されている椰の木があります。
ご神木として植樹され、樹齢1,000年と推定されています。

また、椰の葉は横に裂くことができないほど硬い葉です。
そのため、縁が切れないということから縁結びのご利益があると
言われています。

熊野那智大社

熊野那智大社も速玉大社と同じく朱塗りの社殿です。
境内には意外な場所にハートマークがあります。
ディズニーランドも随所にミッキーマウスが隠されていますが
ぜひ、ハートマークも見つけて良縁をゲットしてください。

日本一の落差・那智大滝を眺めることが出来ます。
実に133メートルもの高さから流れ落ちる様子は見事です。

また、樹齢850年以上と言われる「大楠」があります。
その根元には人が通り抜けられるほどの大きな穴があって、
くぐり抜けると願いが叶うといわれています。
これを「胎内くぐり」と呼びます。

<胎内くぐり>

わかやま姫旅~姫の癒し~みしるし

熊野三山めぐりの記念に女性向けの参拝グッズがあります。

  • 熊野本宮大社:白の手鏡
  • 熊野速玉大社:椰みくじ(なぎみくじ)
  • 熊野那智大社:ピンクのかわらげ

わかやま姫旅の詳細は下記にてチェックしてください。

わかやま姫旅プラン

熊野三山めぐりは、縁結びにパワースポットと
女性に人気があるのも納得です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す