アスパラの下処理・茹で時間・保存方法は?

アスパラはスーパーなどに行くと1年中、売っていますが
春が旬の野菜で3月~6月が美味しく食べられます。
栽培方法によって色が白くなるホワイトアスパラと
緑になるグリーンアスパラがあります。

アスパラ

今回はグリーンアスパラガスについて紹介します。
焼いても、炒めても、茹でても美味しいですね。

アスパラの下処理

<アスパラの下ごしらえ>

アスパラガスの下の方は堅いので約5センチほどの部分を
皮をむきます。
ピーラーでむくと、簡単にできますね。

茎の根元部分を切り落とします。
また、堅いハカマ部分が気になる人は取り除きます。
アスパラは斜め切りにすると料理もしやすいですし、
食べるのも美味しくなります。

アスパラの茹で時間

アスパラを茹でるか、茹でないかは食感によるので、
人によって変わってきます。

<アスパラガスの茹で方>

アスパラの茹で時間は太さや食感の好みによりますが、
だいたい1分~2分くらいで美味しく茹で上がります。
ポイントは根元の方から鍋に入れてください。

また、できるだけ丸ごと茹でた方が旨みが逃げません。
そして、ゆでた後に切りましょう。

アスパラは茹でるよりも炒める

<炒めて食べると栄養満点のアスパラ>

アスパラは茹でると栄養と旨みが損なわれます。
「アスパラ炒めのたれ」の宣伝ぽい動画ですが、
栄養を重視する人には参考になります。

アスパラの保存方法

アスパラは乾燥しやすいため濡れた新聞紙などに包んで
冷蔵庫で保存します。
その際、立てて置くことをオススメします。
できるだけ早めに食べきる方が良い食材です。

アスパラの栄養成分

アスパラガスの栄養成分は、

  • βーカロテン
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • アスパラギン酸
  • 葉酸

などが含まれ栄養満点の野菜です。
特に名前の由来にもなっているアスパラギン酸は、

  • 疲労回復
  • 新陳代謝アップ
  • スタミナ向上

などに役立ちますから積極的に食べたいです。

また、βーカロテンやビタミンCは抗酸化作用があるので

  • 美肌
  • アンチエイジング
  • 生活習慣病予防

などに繋がります。

<アスパラドリンク>

手っ取り早く、アスパラギン酸を取りたい人は、
ドリンク剤が簡単です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す