日焼け止めの選び方(SPF値・PA値)と塗り方、アフターケア

日焼け止めクリームにはSPF値やPA値が書いてありますが
紫外線に関して、とても重要な数値です。

<日焼け止めクリームの使い分け>

 

SPF値とは、Sun Protection Factorの略です。
日焼けで肌が赤くなったり、ヒリヒリと痛むのは、
紫外線のB波(UV-B)の影響です。

人によっては水ぶくれになってしまうことがあるので
注意が必要です。

SPF値は、このB波(UV-B)を防御する指数です。
そして、SPF10やSPF30などの数字は紫外線を防止する時間の
持続性を表しています。

およそ数字の1で持続する時間が20分ですから、
SPF10は約3時間20分、SPF30は約10時間、持続します。

PA値とは、Protection Grade of UVAの略です。
肌にシミを作ったり、シワの原因になったりするのは、
紫外線のA波(UV-A)の影響によります。
PAの+は数が多いほどUV-Aを防止する効果が高いです。

日焼け止めの選び方

日焼け止めは、使う状況によって使い分ける必要があります。

日常生活(通勤・通学・買い物・散歩)

 SPF10以上、PA+以上

屋外でのレジャー・スポーツ

 SPF15~30程度、PA++以上

炎天下でのマリンスポーツやレジャー

 SPF30以上、PA+++以上

ただし、数値が高いほど肌への負担も高くなるので
女性はファンデーションと併用することも必要です。
他にも日傘や帽子などでも紫外線から予防できます。

UVカットパーカー&マスクで紫外線対策

日焼け止めの塗り方

女性にとって、1番気になる顔のシミやシワを防ぐために
紫外線から予防する日焼け止めの塗り方を紹介します。


 

  • 塗る前に保湿をする
  • ムラ無く、塗り残しのないよう塗る
  • 2~3時間おきに塗りなおす

日焼け止めの塗り方は、動画を見てください。
仕上げにUV効果のあるファンデーションを塗りましょう。

日焼け後のアフターケア

もし、対策をした上で日焼けしてしまった場合には、
アフターケアをしてください。

日焼けというのは、簡単に言えば軽度のやけどです。
だから、その部分を冷やすことが大切です。
保冷剤を冷やしておいて、直接に肌に触れないように
タオルなどにくるんで冷やします。

シミやシワの予防に役立つのは抗酸化物質です。
代表的なものは、ビタミンCポリフェノールです。
あとは、水分補給をしてください。

UVカット(紫外線対策)特集

将来、シミやシワで悩まないように紫外線対策は
若いうちから必須ですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す