ドローインは効果的なやり方で簡単にお腹がへこみます!

ドローインは激しい運動をするエクササイズじゃないので、
お腹をへこませたい人に、とても人気のある方法です。
何歳になっても、引き締まった体を持っている人は、
男性、女性にかかわらず、魅力的です。

ドローインダイエット

逆に、1番目立つのがポッコリしたお腹です。
ドローインを毎日の習慣にしてペタンコなお腹に変えて、
若々しい肉体を保ちましょう。

ドローインはNHKあさイチでも紹介されました。
チャレンジした女性のウエスト部分がスッキリして、
本人も家族も喜んでいます。

ドローインのやり方

ドローインはエクササイズといっても気軽にできる
ほとんど辛くない運動です。
トレーニングと言うよりも、呼吸法ですね。

<GETTAMAN式ドローイン 速効! おなか集中ダイエット>

今回はゲッタマン体操で有名なGETTAMANさんの方法を紹介します。
動画の30秒くらいを見てもらうとわかりますが、
正しい姿勢が基本となります。

ドローインの効果を高める重要なポイントがあります。
動画の40秒くらいにある、お尻の筋肉を意識して締めて
えくぼを作ってください。
骨盤を固めることでドローインの効果がアップします。

お腹をへこませたり、ふくらませたりと3セット動かします。
その後、お腹をへこませて10秒間、その状態を維持します。
この時、息を止めないでください。

慣れてくると、このドローインの状態が20秒、30秒と
長続きするようになってきます。
人によって慣れるスピードは違いますから焦らず10秒から、
確実にできるようになりましょう。

<寝た姿勢でのドローイン>

この動画のように寝たままでドローインしてもOKです。
簡単に痩せられると人気がある俳優・美木良介さんの
ロングブレスダイエット】よりも手軽に出来ます。

ドローインで意識するのは丹田(たんでん)

お腹をへこませる時に意識して欲しいのが丹田です。
丹田の場所は、へそから約5センチ下くらい、
横にした指で3~4本分あたりです。
点というよりも面ですから、大雑把で結構です。

よく、下っ腹に力を入れようって言いますが、
丹田を意識しながらドローインすることで効果が生まれます。

腹横筋のチェック方法

お腹を凹ませる方法は、多くの人が腹筋運動を想像します。
普通の腹筋運動は体の外側にある筋肉が鍛えられます。
多くの男性が目指す仮面ライダーのような割れた腹筋には
効果があります。

しかし、お腹をへこます目的で考えると違います。
体の奥の方にある腹横筋と呼ばれる筋肉を鍛えることで、
たるんだお腹を引き締めることが出来ます。

腹横筋はインナーマッスルと言われ、外からは見えません。
意識して鍛えていないと加齢とともに弱くなってしまいます。
すると、だんだんと、お腹が出てきてしまうのです。

この腹横筋が衰えているかどうかチェックする方法を
はなまるマーケットで紹介されていました。

動画のように10秒掛けて、ゆっくり倒すことができれば
大丈夫です。
後半のように、10秒持たずにストンと倒れてしまう人は
腹横筋が衰えてきています。

ドローインの効果

ドローインで腹横筋を鍛えると、スッキリしたお腹だけでなく
他にも色んな効果があります。

  • 姿勢が良くなる
  • 腰痛が改善
  • 便秘が解消される
  • 冷え性

緩んでいた腹横筋が元に戻ることで正常な機能が働くようになり
色んな不快症状が改善されるわけです。

回数よりも、まずは歯磨きのような習慣付けです。
毎日、ドローインをしないと何だか落ち着かないようになると
知らないうちに、あなたのお腹はへこんでいます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す