猫背の矯正ストレッチと筋トレを使った治し方!背筋ピーン!

人間の頭は考えている以上に重たいものです。
そのため適度にS字カーブを背骨が描くことで重さを分散させて
頭を支えて、生活しています。

猫背

猫背とは、人間にとって正常なS字カーブではなく、
まるで猫の背中のように前方に丸くなった状態のことです。
つまり、頭の重さが前の方に掛かってしまうので、
その重みを支えるために筋肉の負担が増えてしまいます。

僧帽筋や脊柱起立筋群などが常に緊張状態になるため、
肩こり頭痛など不快な症状に悩まされることに繋がっています。
また、猫背になってしまうと、前かがみの状態に見えるため、
周りの人にマイナスのイメージを持たれてしまいます。

特に現代は、パソコンやゲーム、スマートフォンなど
どうしても、前かがみになった姿勢を取る時間が長いです。
すると、だんだんと猫背の姿勢が定着するのです。

猫背を矯正ストレッチと筋トレで治す方法を紹介します。
これで、あなたも背筋ピーンですね!

猫背の治し方【矯正ストレッチ編】

僧帽筋や脊柱起立筋群など後ろ側の筋肉が緊張状態ですから、
柔らかくするためにストレッチから行います。

3種類の猫背を改善する方法があります。

  • 肩甲骨寄せストレッチ
  • 壁付け腕回しストレッチ
  • 腕引き上げストレッチ

無理をしない程度に行うと緊張していた筋肉が緩んできます。
時間は掛かりませんから、風呂上りとかに続けてみてください。

猫背の治し方【筋トレ編】

背筋が弱い場合も猫背になりやすいので強化しましょう。

右手と左足、左手を右足という具合に交互に上下させます。
動画のように高く上げる必要はありません。
あまり上げ過ぎると、腰を痛める可能性があるからです。
ゆっくりと、背筋を意識しながら行ってください。

動画のように上下に動かすよりも、上げた状態で30秒~1分間ほど
姿勢を保つようにした方が、より効果的です。
いわゆる体幹トレーニングと呼ばれる方法です。
このトレーニングで体の中心部の筋肉を鍛えて姿勢を矯正します。

日常生活で気をつけること

出来る限り、頭のてっぺんを糸で吊られているような
イメージを持ちながら、常に姿勢を良くする習慣を付けましょう。
イスに座った時に脚を組むクセも左右のバランスが崩れ、
その結果、背中側の筋肉にも悪影響が出るので止めてください。

猫背が矯正されると、見た目は数段、よくなります。
第一印象のイメージアップで恋に仕事にイイこと起こりますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す