ドライアイの症状と対策!どんな目薬が良いのか?

あなたは、パソコンやスマートフォン、ゲームを
長時間、見続けていませんか・・・?
こういった液晶画面を長い間、凝視していると、
ドライアイになる可能性が高まります。

液晶画面の見すぎ

目がかすんだり、ぼやけたりする症状が、
単なる目の酷使だけなら休めば治まります。
しかし、放っておけばドライアイになってしまうので、
症状対策、使ってはダメな目薬について紹介します。

ドライアイの症状

下記のチェックに当てはまる人は可能性があります。

ドライアイチェック

  • パソコンやテレビの画面を長い間、見ていられない
  • 光をまぶしく感じることが頻繁に起こる
  • コンタクトレンズを入れると、痛みがある
  • ゴロゴロした目の違和感がある
  • 写真を撮られる時に目をつぶってしまうことが多い
  • 涙目だったり、目やにが出る

目の表面に涙が適切にあることで表面が滑らかになります。
すると、光が真っ直ぐに進むことができ、正常に物が見えます。
ところが、涙が少ないと光が真っ直ぐに進むことができず、
ピントを合わせづらくなってしまうのです。

ドライアイの対策

ドライアイで目が疲れやすい

  • 意識して、まばたきを増やす
  • 湿度をコントロールするため加湿器を使う
  • パソコンのモニターの位置は目よりも低くする
  • コンタクトレンズを使う人はメガネも使う
  • 時間を決めて、こまめに目を休ませる

などといった対策で目を保護しましょう。

ネットやゲームって集中していると、
ついつい長い間、液晶画面を見続けてしまいますよね。
半強制的にでも休憩を取りたいものです。

また、現代の不快症状はストレスが原因のことが多いです。
そして、ストレスを感じている人は、
自律神経の交感神経が優位に働いてしまいます。

ただ、副交感神経が優位な時、正常に涙は分泌します。
できるだけリラックスすることも目には大切なんですね。

ドライアイに有効な目薬の選び方

どうしても、自前の涙が足りない人は、目薬が有効です。

しかし、注意が必要です。
防腐剤が入っている目薬は使わないでください。
目薬自体に細菌が発生しないように含まれていますが、
ドライアイの時に使うと症状が悪化する恐れがあります。

市販の目薬を使って、目の乾燥が改善されない時は、
お近くの眼科医に相談してください。
ドライアイ以外の目の病気の可能性がありますからね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す