夏バテの原因と予防する食事!疲労回復は早めに!

暑くなると元気になりたくて、うな丼を食べたくなります。
毎年、土用の丑の日には欠かさず食べるようにして、
夏を乗り切っています。
ウナギのおかげなのか、分かりませんが夏バテしらずですね。

うな丼

でも、夏は苦手!という人もいます。
そこで、今回は夏バテの原因と予防する食事について紹介します。

夏バテの原因

人は環境に応じて、体温調節ができる動物です。
皮膚の血管を拡げたり、汗をかくことで体内の熱を
外に出して、適切な体温を維持しています。

ところが、さまざまな理由から自律神経のバランスを崩し、
体温の調節が出来なくなります。

夏バテを引き起こす原因として、

  • 屋内(エアコン)と屋外の温度差
  • 冷たい飲み物の取り過ぎ
  • 寝苦しい夜が続くことによる寝不足
  • 多量の汗をかくことで、ビタミン・ミネラルが不足

夏バテで体がだるい

こういった原因によって、

  • 体がだるい
  • 食欲不振
  • 疲れが取れない
  • 下痢・便秘

など、夏バテ特有の不快症状になってしまうのです。

夏バテを予防する食事

やはり、暑くなった初期が重要です。
下記のような食生活を心掛けてください。

  • 栄養バランスの取れた食事をする
  • よく、かんで食べる
  • たんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂る
  • 冷たい飲みものや食べ物ばかりを口にしない

疲労回復に有効な栄養素

夏バテ予防にはビタミンB1が有効です。

また、ビタミンCもオススメです。

  • レモン
  • ブロッコリー
  • トマト
  • ゴーヤ
  • ピーマン

効果的な水分の補給方法

適度な水分補給

喉がかわいたからといって、がぶ飲みはダメです。
小まめに水分を摂ることをオススメします。

運動する時は、事前にも水分を摂ってください。
そして、運動中も小まめに飲みましょう。
運動した後は、汗と一緒にミネラルが排出されるので、
スポーツドリンクで補給してください。

年配の人は、のどの渇きを自覚するのが遅れます。
だから、のどが渇いていなくても定期的に補給するように
周りの人も注意が必要です。

食欲不振の時は?

食欲が無い時には、

  • わさび
  • しょうが
  • さんしょう
  • とうがらし

など、香辛料やスパイスを上手に活用してください。
また、酢の物や梅干なども食欲が出ます。

今年の夏は、栄養と睡眠を上手に取って、
夏バテしらずで元気に過ごしましょう!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す