横腹の脂肪を落とす!お手軽な筋トレでくびれ美人に♪

男性と女性では綺麗に見えるラインが違います。
ただし、共通している部分もあります。

横腹の脂肪

それは、くびれ部分です。
お腹周りに脂肪が必要以上に付いていると、
ラインが崩れてスタイルが悪く見えてしまうのです。

今回は正面や後ろから見たときに目立つ部分、
横腹の脂肪を落とす筋トレ方法を紹介します。

  • 女性はバストからヒップにかけて流れるようなライン
  • 男性は逆三角形を引き締めるライン

そのために横腹の脂肪を落としてくびれを作りましょう。

横腹に脂肪が付く原因

脂肪を落とす前に、どうして付いてしまうのか?
を知ることが重要です。

腹斜筋が衰えてしまうと横腹に脂肪が付きます。
体をひねったり、元にもどしたりする時に使われるのが
腹斜筋です。

ただ、日常生活ではひねる動作は、ほとんどありません。
そのため、加齢とともに腹斜筋が衰えてしまいます。

さらに、お腹周りの脂肪は内臓を守る役割があるので、
自然と付きやすくなっているのです。

横腹の脂肪を落としたり、付きにくくするためには
腹斜筋を鍛える必要があります。

横腹の脂肪に効く筋トレ

まずは、1番お手軽な方法を紹介します。
この筋トレはサイドベントと呼ばれている方法です。

片方の横腹の筋肉が締められている時に、
反対側はストレッチになって、バランスよく鍛えられます。
この方法なら自宅だけでなく、会社でも出来ますね。

腹斜筋だけでなく、お腹周りのインナーマッスル
鍛えることができる効果的な方法です。

筋肉の弱い方は約16秒くらいのように
膝を曲げて行いましょう。
この方法は負荷が減りますので比較的、楽です。

ポイントは腰を上げすぎず、下げすぎない、
頭から足まで、真っ直ぐにすることです。
上下だけでなく、お尻を後ろに突き出したり、
背中を反らせてしまわないようにしてください。

その状態を10秒キープすることを1セットとし、
2~3セット行います。
筋肉が付いて、簡単に出来るようになったら、
膝を曲げず、足を真っ直ぐにしましょう。

今回は同じ姿勢ですけど、動くトレーニングです。
見ているだけで横腹に効いているのが、わかります。

横腹の脂肪を落とすと、ウエストを絞ったデザインが
似合うようになるので、オシャレが楽しみになりますね。

楽しみながら姿勢を良くして、ウエストを引き締めるなら
バランスディスクを使うのも手です。

座っているだけでも腹筋に効きます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す