ビーグルは長く垂れた耳が特徴の可愛い魅力のある犬種です。
可愛らしさだけではなく、イギリスでは野うさぎの狩猟に
使われていたセントハウンド、猟犬です。
獲物を臭いで追いかけるほど、嗅覚が優れている犬です。

そのため、成田国際空港では検疫探知犬として活躍中です。
肉類を嗅ぎ分けることで、動物検疫に役立っています。

ドッグランにビーグル犬がいっぱいです。
愛好者には、たまりませんね!

ビーグルの飼い方の注意点

ビーグルの特徴は、

  • 活動的
  • 食欲旺盛
  • 強い好奇心

などが挙げられます。

ビーグル犬は、猟犬なので運動量が豊富です。
だから、散歩など運動をさせてあげる必要があります。
運動不足になれば、「無駄吠え」や「噛みグセ」などが
増える原因にもなります。

犬も人間と同じでストレスが溜まるのです。
ほったらかしにされないよう、かまって欲しいので
吠えることで、自分の存在を示すわけです。

充分な散歩の時間が取れない方はビーグルは
向いていないかもしれません。
猟犬が、じっとしていないといけないのは可哀想です。

また、ビーグルは食べることが大好きです。
つまり、肥満になりやすい犬種になります。
しかし、その分、ごほうび(食べ物・おやつ)を
上手に使うことで、しつけがしやすいです。

ビーグルの病気で注意すること

ビーグルの特徴である長く垂れ下がった耳が原因で
外耳炎など耳の病気になりやすいです。
何度も耳をかくようであれば動物病院で診察してもらい
適切なアドバイスをもらいましょう。

また、目の病気もかかりやすく、特に白内障に注意が
必要になってきます。
白内障は水晶体と呼ばれるレンズの役割をする部分が
白く濁ってしまう病気です。

人間と同じで加齢とともに病気になりますが、
若い犬にもあります。

好奇心が旺盛な上に食欲もあるため、
子どものように異物を飲み込んでしまうことがあります。
おもちゃで遊んでいる時は、見ていてください。

犬は暑い夏が苦手です。
⇒ 犬の熱中症の症状と対策グッズ!

ビーグルは猟犬ですから、集団行動は得意です。
こんなジャンプスーツを着るのも面白そう。

家族ぐるみで、仲良くなれますね。