妊娠中は体内が普通の時とは違う状況になるため、
色んな悩みや不安を抱えます。

妊婦

中でも女性の場合は妊婦でなくても多くの人が悩む、
便秘になってしまう人が、とても多いです。

妊娠中は腰痛にも悩まされます。
⇒ 妊婦の腰痛は体操で筋肉をほぐそう!

原因から考えられる便秘のタイプ

妊婦には便秘になりやすい原因が2つあります。

1つ目は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が
妊娠中は活発になるので便秘になります。
と言うのも、黄体ホルモンの役割が筋肉を弛緩させることで
胃腸の働きを低下させます。

すると、便を押し出す役目のぜん動運動が鈍くなって
その結果、便秘がちになるわけです。
これは、【弛緩性便秘】のタイプです。

2つ目は、胎内の赤ちゃんが大きくなることで、
子宮が大腸を圧迫するため、便秘を引き起こします。
さらに、圧迫された大腸内で水分が必要以上に吸収され、
便が硬くなってしまいます。

これは【直腸性便秘】のタイプです。

もちろん、一般的な便秘の原因も重要になります。

  • 生活のリズムが不規則
  • 食物繊維を含む食品が少ない
  • 運動不足
  • 便意を我慢してしまう

など、こういった原因も排便を邪魔します。

薬に頼らない便秘解消法

薬には目的とする作用と副作用が存在します。
だから、できるだけ服用しないようにしたいものです。
あくまでも薬は最終手段として考えてくださいね。

今回、紹介する解消法を取り入れてもダメな場合は、
産婦人科医に相談しましょう。

弛緩性便秘の解消法

妊娠初期から起きやすい【弛緩性便秘】を解消するには、

食生活の改善

が効果的です。

下記の食物繊維の多い食品を食べましょう。

  • 豆類
  • 海藻類
  • キノコ
  • 根菜類(ごぼう・切干大根)
  • 玄米
  • こんにゃく

ゴボウ

弛緩性便秘は腹筋を鍛えることも効果的です。
しかし、妊婦が腹筋運動なんて出来ません。

だから、便秘気味の女性は放っておかずに
妊娠する前に腹筋を鍛えておいて欲しいものです。

直腸性便秘の解消法

直腸性便秘の場合は不溶性の食物繊維を取り過ぎると
逆に悪化させてしまう可能性があります。

このタイプは生活習慣の改善が効果的です。

安定期に入って、医師から適度な運動のOKが出ていれば
ウォーキングなど軽めのモノを取り入れましょう。

マタニティヨガ

マタニティビクス

マタニティフラダンス

など、今はマタニティスポーツも色々あります。
もちろん医師の許可と専門スタッフの指導の元で
安全に行ってください。

マタニティスイミングは個人的には止めて欲しいです。
と言うのは、プールは雑菌を殺すために塩素などの
科学物質が多く含まれているからです。

プールにも良い面はありますが、
母体と胎児にプールの水はリスクが高いと考えています。

あと、直腸性便秘の人は便意を我慢しないことです。
毎日、同じ時間に排便するリズムが重要になります。

以上、色んな便秘解消法を紹介しましたが、
意外と忘れがちなのは、ストレスです。
精神的に不安定ですと、色んなリズムが崩れます。

そのことを踏まえて妊婦のご主人は、
安心できる環境作りに協力してあげてくださいね。