披露宴は、日常生活とは違う雰囲気の場所です。
何も考えずに出席すると、恥をかくこともあります。

 

披露宴

 

そのひとつが、服装です。
招待状に服装の指定があれば、その通りにすれば良いです。
指定が無い場合でも、一般的なマナーがあります。

今回は披露宴の服装について、見ていきましょう。

 

披露宴の服装・男性

 

男性のフォーマルな場所での服装は3種類あります。

 

【正礼装】

  • 昼:モーニングコート
  • 夜:タキシード

【準礼装】

  • 昼:ディレクターズスーツ
  • 夜:タキシード

【略礼装】

  • 昼:ブラックスーツ・ダークスーツ
  • 夜:ブラックスーツ・ダークスーツ

 

このうち、正礼装は新郎や両家の父親、媒酌人が着用します。
一般の招待客が着る服装は、準礼装略礼装です。

 

披露宴のスーツ

 

若い世代の男性は、いわゆる礼服と呼ばれるブラックスーツは
着ないようになっています。
主に着られているのは、ダークスーツです。

しかし、まだまだ、年配の人たちは礼服を着ています。
披露宴では礼服を着るのがマナーだと思っています。

 

あなたの友人の仕事(業界)によっては、
ダークスーツを着ていくと、浮いてしまうかもしれません。

例えば、公務員や銀行員のような堅い職種ですと、
まだまだ、礼服を着ている割合が多いと思います。

 

ですから、どのスーツを選ぶのかは難しいですね。
一緒に行く友人と相談していくことをおすすめします。

 

逆に相談しない方が良いのは服のショップ店員です。
礼服だったら、太ったり痩せたりと体型が変わらないと
何年も買わずに済みます。

ショップ店員は、提案することで服を販売するのが仕事です。
だから、どちらかと言えば、マナーは緩くなります。
チャレンジャー以外は、私は止めた方が良いと思います。

 

シャツ・ネクタイ・靴

 

白シャツにネクタイを締める

 

【シャツ】

基本はのレギュラーカラーです。
原色のカラーシャツは、避けたほうが良いと思います。

色が付いているから、オシャレに見えるかと言うと、
そうでも無いです。
白シャツをカッコよく、着こなしましょう。

 

【ネクタイ】

ネクタイは、白じゃなくても良いと思います。
光沢のあるシルバーやライトグレーなどが人気です。

アニマル柄やキャラクター柄は止めましょう。
おすすめは、無地、ドット柄、小紋柄、ストライプです。

 

【靴】

靴は黒のストレートチップがおすすめです。
プレートゥでも良いですが、ローファーのような紐が無い
タイプは避けてください。

また、クロコダイルなど爬虫類の革靴はNGです。

 

まとめ

 

披露宴の服装はオシャレよりもマナーが重要になります。
フォーマルな場であって、パーティーではありません。

基本を押さえて、新郎を祝ってあげてくださいね。