凸柑の読み方を長年、デコポンだと勘違いしていました。

本当は、 ポンカン と読みます。

人前では恥をかかなくて、良かったです。

柑橘類の柑だから、カンは読めるけれど、
凸はデコって読みますし、パソコンでも変換できます。
ポンとは読まないと思うんだけど・・・どうなんでしょ。
まぁ、凸柑の柑をポンとも読まないでしょうけど。

果物の名前って、普段は「ひらがな」か「カタカナ」で
書くことが多いから読み方がわからない漢字が多いです。

葡萄(ぶどう)や檸檬(レモン)なんかは、
割と漢字も見かけることがあるから読める人もいます。
ただし、書くのは難しいかなぁ・・・。

例えば、下記の果物の漢字を読むことができますか?

  • 鳳梨
  • 実芭蕉
  • 鰐梨
  • 檬果
  • 果物時計草

どうですか、読めますか?
私は、ひとつも読めませんでした。

答えは、上から順番に

  • パイナップル
  • バナナ
  • アボガド
  • マンゴー
  • パッションフルーツ

になります。
ホント、くだものを漢字で書くと、さっぱり分かりません。
いつものように「ひらがな」か「カタカナ」がイイですね。

凸柑とデコポン

ポンカンは凸柑の他にも椪柑とも書きます。
原産地はインドで、日本以外でも東南アジアや台湾などで
栽培されているミカン科の柑橘類です。

ちなみに、読み間違えていたデコポン
清見タンゴールとポンカンを交配させた果物です。
ってことは、親子関係みたいなものですね。

だから、凸柑とデコポンは概観が似ています。
見分け方は、頭頂部がでっぱている方がデコポンです。

ポンカンの画像を探していたら面白い動画を発見しました!
まるでNHKの子ども番組で出てきそうな感じです。
見るのは、あっという間でしたが、
撮る方は時間、どれだけ掛かったんでしょうか?

(ポンカンで1234567891011)

凸柑の目合わせとは?

ポンカンについて、色々と調べていると『目合わせ』って
言葉が出てきて、一体なんだろうと思いました。

『目合わせ』とは、ポンカンだけに使われる言葉ではなく
色んな作物に対して使われます。
出荷する前に、生産者が集まって各等級ごとに
選ぶ基準を確認することです。

参加する、しないと話題になっているTPPですが、
ポンカンを生産する人たちも気になっているでしょうね。

動画を見ると柑橘類出荷規格ゲージや糖度計を使って
話し合っている様子が伝わってきます。
今回のポンカンは糖度12と出ていましたが、
調べてみると、まぁまぁの値ですね。

ちなみに糖度の高い果物は柿やぶどうです。
メロンかと思っていましたから柿は意外でした。

凸柑は箱買いだと持ち運びが大変ですから
通販が便利ですね。

ポンカンを楽天で安く購入

シャーベットやジュースも美味しそうです。